FC2ブログ

ニューヨークブルーになっている場合じゃないから粛々と淡々と、な7月4日

アメリカの独立記念日の今日はニューヨークにいる予定だった
新型コロナで断念し、ネットでニューヨークを眺める今日この頃
ちょっとブルーになってはいたけど、世界中の誰もが
いろいろと断念したり諦めたり我慢しているのだから、仕方ない

sunf.jpg

今日買ったひまわり、力強くて見ていると元気になる

んで、

我が家は世帯主の仕事がやっと来月から通常営業に戻りそうなところまできた
私の仕事も新しい依頼がストップしているけど、日々やることは山積みだし
年明けからなんだかとどこおってきたこと、進むといいなぁと思ってる
(そんな時に感染者増えてると、気持ちが折れそうになるんだけんど)

毎日ステイホームと変わらずほとんど3食作ってるし
梅雨の空にやきもきしながらエブリデーお洗濯
ライブもイベントもキャンセルで
でかける予定といえば、ひとり暮らしの父の世話に行くとか
なんとも地味だけど、ここにきてやっと心はどっしりと落ち着いたように思う

あてにならないことはあてにせず
でもできることは着実にやっていこう

なんて思っている

昨年のちょうど今日、母とランチをして
「独立記念日はニューヨークにいたかったんだけどね」とか話していた
「あらあら、私ですみませんねぇ」と笑っていたその母はもうこの世にはいない
コロナのこともそうだけど、先に何があるかなんて本当にわからないなって痛感です

んで、思い出す
昨年、母に言ったことを
「いつ何があるかわからないから、行ける時に行きたいところに行き、
できるときにできることはしないとね
会いたい人にも会うし、言いたいことは言う」

行けるのは今は無理だから
できることだけやろうと思う

母の言うとおりに
「淡々と粛々とね」

私がロゴやwebサイトをデザインしたヨガ教室が4ヵ月ぶりに再開することになった
こういうニュースは本当に嬉しい
いろいろと気を遣いあうし以前のようにワイワイできないけれども
それでも同じ場所に集まって、同じ時間を共有できることは
きっと楽しいに違いないと思う

ahka.jpg
アカンダヨガ月島

まぁーとにかく、
粛々と淡々とだね


tag : ヨガ 習い事 newyork travel trip

イライラもしなくなり日々健康に過ごしてはいるのだけど、このままだったらどないしよと気の遠くなる6月4日

ジメジメと暑く、ちょいちょい小さく揺れる地震
袋小路なあれやこれや 
毎日どうもちゃんと考えてもちゃんとした答えに出会えない日が続いてますな

IMG_1700.jpg

お家で過ごそうキャンペーンに、家族との密生活にも
リモートやら再放送で面白くないTVにも
新しい生活様式の買い物とか、まだまだの行動自粛も
すっかり慣れてきてイライラもしなくなって、とても平和に過ごしている

一人暮らし中の82歳の父の世話や心配も
思いの外、楽しんでやっている

家事だけでなく、ちょろちょろだけど仕事もしてるから気も紛れてる

このまま平和でいたいなぁと思うけど

一方で夫の仕事はストップしたままだし
私の仕事もちょろちょろで、そのまま続きそうだし
近所の飲食店あたりからはこのままじゃまずいという話しか出ないし

はて・・・どうしたものか・・・と

比較的なんとかなっている会社員の友人を見ると
やはり会社に守られるってステキとは思うのだけど
そこの道を選ばなかったのだからと腹はくくっている

仕事なくても1年以上は暮らせる
貯蓄を崩せばもっといける
でもそれじゃあダメだしな

なんてことをぶつぶつ考えながらも

やはり仕事して楽しそうにしている夫をほどほどに面倒見ながら
好きなことして過ごす生活が懐かしい〜〜

ライブは何個も中止になり
今月末から予定していたNY行きも中止
今年は行くと鼻息を荒くしていた富士登山も行けず
案外ここら辺のことは仕方ないなと落ち着いてはいるんだけど

なんだか先のことを考えると
そわそわする

まだ具体的なことが見えてないから
ざわざわじゃないところがあるんだけど
どちらにせよ、くくってる腹が疼くなぁ

そんなこんなで、また蕁麻疹が出まして、
ちょっとかゆかゆです

粛々と
自分に期待して行きますかーーー!


追伸
お家で過ごすからと、花を飾るのが習慣になりました
こういういいことはあるのだから、見過ごさないようにしないと!

さて自粛生活が終わろうとしていますが、そうは言っても終わった終わったとぱぁっとはできないよね、な5月28日

15.jpg

緊急事態宣言が解除されて、街にも人が増えてきた
テレワークだった友人は出勤がだんだんと増える予定

銀座も一時期よりはお店がポツポツと営業をしていて
まだ休業していても週明けの6月スタートに向けての準備が行われていたり
少し賑わいが戻ってきていた

確かにうんざりしているし、さっさと終わってくれ、とは思っていたけれど
ただ元に戻るわけじゃなく「新しい生活様式」というものがいるというのだから
はて、どうしたものか

もともと自宅で仕事をしていて兼業主婦の私は
そんなに生活の時間割に変更もなく、ストレスはあるけど、まぁなんとかやってきた
子供もいないし、気楽なものだった

しかしだ、我が家の収入はほとんどストップしてしまった
こういう時、会社員ってスバラシイと思う
しかし、会社員が続けられなかったのだから、もう仕方ない

さて、新しい生活でどうやっていくかなぁ、なんて考える

その前に重くなった体もどうにかしたいとか
整体にもネイルにも行かなくっちゃだとか、
山登りには行けるかなとか
もうやることたっくさんあるじゃなーーーい、な今日この頃

でもね、なーーんとなく
やる気が起きないのだよ

ふーーーー

リフレッシュせんとあかんだす



毎日3食作っているといい加減、自分の味に飽きてくるなぁな5月19日

たま〜に買ってきたものを食べて
たま〜に外で食べる

しかし、ほとんど3食作って食べておる

味は毎日違うのだから飽きるはずないんだけど

なんだか自分の作るものはわかりすぎているせいか、飽きてる


同じく、作ることにも飽きております

もちろん


毎日、ご飯考えて、作って、片付けて、

飽きました・・・さすがにね


自分なりに違うごはんにしようとか

牛乳を消費促進だとか

個人キャンペーンをはったりと

なかなかの工夫を見せるが


限界がありますなぁ


限界はとっくに越えて、いまやどうでもよくなってますが

飽きたからって、やらないわけにもいかないんだけどね


なんて、愚痴をひさびさに書いてみました


なにか違うことで不満解消しないと、まずいかなぁ~


我が家の多肉植物はすべてもらいものだ。いただいた限りにはちゃんと育てなきゃと思いつつも、まぁまぁガサツな育ってっぷりだなと思う4月23日。

多肉植物を育てているんだけど

ta01.jpg

もとはうちに泊まりに来た母が、2つの鉢を連れてきたのが最初だった。
持ってきたものの、
「おいておくと枯らすから、持って帰る」と言っていたのを
荷物になるし、おいていけと話して譲り受けた。

しかし、その時は多肉植物って?って感じだった。
まだ今のように流行ってなくて、
育てている人も少なかった頃だったからだ。

ぷくぷくしているのが可愛いだの愛おしいだの言う母に
ふーーんと興味なさそうにしていた私だが、
生きてるし、これはなんとかせねばなるまい。
・・・ということで育て始めた。

何年か後にうちのベランダで増殖して元気そうな多肉植物を見て
「意外とできるんだ」と母。
「あ、でもここは日当たりとか環境がいい」と言いつつも
「あんがいズボラでテキトーなのもいいかもしれないんだね」と
褒めたんだか、褒めてないんだか。

その母の遺した多肉植物を、たくさん引き取って来て
最近、やっと植え替えと手入れをした。

ta02.jpg

鉢も鉢台も道具も全部、母から引き継いだ。

もっとぎゅうぎゅうに寄植えすると可愛いのに、と言うだろうと思いながらも
間をあけて、植えている。

確かに、我が家のベランダは日当たりがいい。
私はズボラでテキトーだ。
だからぎゅうぎゅうにしないで、ある程度放置して育ちっぱなしにする作戦なのだ。
これが増殖して元気にするコツなんだな。
見た目を気にする母は、もっと可愛く植えてよと言いそうだけど、無視だ。
ここにいないやつなんか知らねーよ(笑)。

ta03.jpg

自己流だけど、まぁなんとかやっている。
いただいた鉢をばらした時に、母流の工夫を見つけたり、
母が読んでいた多肉植物の本とか、キリヌキなんかを見て
参考にしてみたり。

まぁまぁガサツだけどね、私なりに育ててみるとするよ。


カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
プロフィール

itoyoshi

itoyoshi
Nice meet you.
一日一日を大切に。でも、
力を入れすぎずゆるゆると。
大好きなものやことを
ぼちぼち更新中です♪

コンテンツ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
twitter