FC2ブログ

「君の名は。」

こちらも飛行機の中で観ました。


田舎と東京の対比や共通点や景色や描写のよさがナイス。ストーリーも面白かったです。
キュンキュンとするかというと、
世代が違いすぎて感情移入しないから、残念ながらしませんでした。
また、前評判でぐーーーとハードルをあげすぎてしまった感覚がちょいアリ。

最近は高校生主人公の映画が多くて動員数もいいみたいだけど
どれもアニメやマンガで等身大の主人公で、
そういうのにみんなキュンキュンするんだなぁと傍観。
音楽なんかも、そういうのがやたら多いし。

むかーしむかしの私がその世代の頃は
自分よりももっと上というか別世界のものに憧れていたかなぁ。
映画は外国のもので設定も自分の現実とはかけ離れてるものが多かった。
音楽も背伸びをしているのか今聴いてやっとわかるような歌詞もあったりね。

その距離感の違いがおもしろいなぁと思いました、とさ。


「シンゴジラ」

今年の話題の映画を観ておこうとNY行きの飛行機の中で観ました。



ううむ。
好きじゃない。好きになれない。

前評判がよかったし、私の周りにも良かったの声が多く、今もなお公開中であるけど、私は全然好きじゃない。お金払って見てなくて良かったやも。

映画としてはよくできているし、お金もかかってるし、俳優も豪華。
声のイイ俳優さんが多くて、そのセリフを言わしたかったのかと思うところアリ。
画の作り方や演出はエヴンゲリオンそのままで、らしいなぁと思ったけど、エヴァでの既視感があり個人的に新鮮さがなく、アニメと違って実写は色合いや作りも現実的なので、どうも画面全体がせちがらい。

そもそも「男の妄想大全開」なところが面白いと思っていたエヴァ。
そしてこの映画も「男の妄想大全開」なんだけど、
しかし、実写だからなんか妄想が妄想になりきれずファンタジーがない。

妄想&ファンタジーな最大の萌えポイントは
ゴジラが巨大化するとか、その破壊の仕方ではなく、
石原サトミチャンがアメリカ大統領を目指してるデキる女だというところだろうか。
これには個人的にはドン引き。
石原サトミチャンは好きだし、英語の発音はキレイだし、演技も悪くはないんだけど、あまりに妄想大全開すぎ。この配役はないなーと引いてしもうた。

しかし、以前、特撮展で観た庵野監督のゴジラのショートムービーはもっとセットはセコかったけど、すごく面白かったんだよねぇ〜
きっと、ゴジラの破壊のシーンだけしか興味を持てなかったのだなと思う。私がね。


「ヤング・アダルト・ニューヨーク | While We're Young」

 

ニューヨークってね、つくとね、観ちゃう。NY映画に弱い私。
ベン・スティラーとナオミ・ワッツというのもいいなと思っていました。

ヤング・アダルトニューヨーク| While We're Young」は、ひとことで言えば40代の夫婦と20代の夫婦の世代間ギャップな話。
若者から刺激を受ける40代。かろうじてついてゆこうとしたりして。
中年からいただけるものがいだだこうという図々しく怖いもの知らずな20代。
最初は良かったんだけど、段々とそれぞれの思いがズレてゆく。

それにしても原題の「While We're Young」がイタイ。
40代の夫婦は子供もおらず、いつまでも若々しい。
キャリアもそこそこあるけれど、やりたいことは遅々として進まず。
捨てることもできないものが増え続けてる。冒険もなく、新しいことへの抵抗感。
あれ?これ私じゃないか? ヤーお耳が痛かった。
While We're Youngと思っていたが、Youngではないという現実を知って、
さて、どうなるか。ちょっと背中を押すような内容でとても良かったです。

・・・で、ニューヨークですが
実はこの舞台、他の都市でもよさそうでしたよ。


「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ | Where to Invade Next」



マイケル・ムーアの世界侵略のススメ | Where to Invade Next
マイケル・ムーアの映画の中ではこれが一番好きかも。
どの国の話もあるいい面だけを切ってるから話は極端だけど
でもかえってそこにあるシンプルな真実がキモチいい。
ただ単にフランスの給食の内容やらイタリアの有給休暇にビックリしてたけど
いろいろな国の意外な話をわたり歩くうちに
いつしか話が女性の社会進出についてへつながってゆく。

女性は戦争や武装化を進めたりしないし、利権を強く主張したりしない。
女性が入ると平和でバランスの取れた社会になるんじゃないかと期待させる。
ただ歴史上では女性の進出はまだ浅い話で
実際に争いやそういう判断するところにかつては女性がいなかったせいかもしれないけど。

アメリカは頭おかしい!といういままでのマイケル・ムーアの姿勢は変わらないけど
広い世界への視点や、身近な女性についても見ているような柔軟さがあったと思う。
アメリカダメダメ映画でもなく、いろいろと感じるところがありました、とさ。

「二ツ星の料理人 | BURNT」



プールにばかり行っておりますが、ちゃんと仕事も家事もやってるし
そして、たまに映画も観ております。

ちょっと前に観た「二ツ星の料理人 | BURNT」。
ブラッドリー・クーパーのよいルックスを観れたら満足だろうと行ったのだが←コラ!
内容もなかなか良かったです。食をテーマにしている映画はやはり気分がアガります。
ミシュランの星取りにピリピリのシェフたち。
常にいろいろなものを食べて料理中心でちょっと世捨て人みたいだったりもして。
星を獲得することも相当大変で、さらには三ツ星になることもどれだけ大変か。
獲得した☆を維持するのも相当なことらしい。
おいしくて美しいものを作っているけど、その裏は戦場。
シェフって相当偉いらしく、その傲慢さに嫌気も少しするのだけど
それでもシェフの舌や腕を信じてついてゆく料理人たちや店を切り盛りするホール係などなど。
ピリピリが身を結ぶかが気になりどんどんと引き込まれました。
最新の調理方法のトレンドなども入っていて、面白かったです。

嫉妬と羨望がないまぜになっているライバルとの関係が効いていたり、
やはりこの人カワイイじゃないか〜のシエナ・ミラーとの恋愛、
ちょっとスパイスになってるゲイの支配人との仲など。
人間関係もよく、なかなかおいしい映画でした♪

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリ
プロフィール

itoyoshi

itoyoshi
Nice meet you.
一日一日を大切に。でも、
力を入れすぎずゆるゆると。
大好きなものやことを
ぼちぼち更新中です♪

コンテンツ
リンク
 naoko miike* photo gallery
 友人のカメラマンさんのギャラリー
 web create by itoyoshi
 [mi to ha]
 とっておきの着物レンタル&着付け
 ・ヘアメイク
 web create by itoyoshi
 IT'S A BRAND NEW DAY
 仕事仲間zaiさんのサイト
 自転車で“旅”しよう
araitaさんのサイト
 Baby's Hug
 音楽療法士の友人が運営してます
 web create by itoyoshi
 メリーゴーランド森商店
 韓国Q-MONのグッズを販売している
 メリーゴーランド森商店さんのサイト
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
twitter